2008年05月24日

そうだ、旅に出よう

というわけで、先週関西方面に旅に出てました。
いつものNぁあちゃん&Zちゃんちにお邪魔しつつ、観光三昧。

そんなわけで旅行日記。

5月17日(土)
京都は東寺さんへ朝から行ってきました。
いい天気だったので、五重塔も庭園もきれいでした。
そして大好きな講堂の「立体曼荼羅」から拝観。
やっぱり大好き。大好きすぎる。
香のかおりとひんやりとした肌触りの空気に包まれると、えもいわれぬ気持ちがします。

ここの多聞天(毘沙門天)は地天女に乗ってるタイプだったのね。
帝釈天は相変わらずハンサムだし、明王系(不動とか降三世とか)もかっこよくていいよな。
そして中央の大日如来。
これが、なんともいえない眼差しで、「ああ、見られてるんだな」とまるで心の内を見透かされたような気持ちがするんです。
なんてじんわりしてたら、カップルとおばさん2人がMJことみうらじゅんの話をしていて笑えました。
だよな、東寺だもんな(笑)
カップルの男性の方が「アウトドア般若心経」を薦めていて、笑いをこらえるのに必死でしたよ。
さすがだぜ、MJ(笑)

金堂の薬師如来と日光・月光菩薩にお参りしてから五重塔〜庭園〜食堂(じきどう)を見て回り、宝物殿へ。
ずっと見たかった兜跋毘沙門天はやっぱり異形でした。
なんだろ、あの目。どこの国の人だよ(笑)
地天女の両脇にいる邪鬼もまたコミカルな顔立ちで、ちょっとかわいかったな。

あとは急ぎ足で観智院を見てから、一路奈良の法隆寺へ。
時期が時期だったので、どこを見ても修学旅行生だらけでした。
その中に混じりすぎて、お寺の方に「引率の先生ですか?」なんて言われましたけどね。
まぁね、引率、できるよ(笑)

・・・それはともかく。
若干鬱陶しさを感じながらも、端から端まで堪能してきました。
平成の玉虫厨子、すっごい綺麗でしたよ。
あんな凄いもの、大昔に作ってたんだなぁ。
しかも新しいやつは、個人が私財を投入して作らせたんだってね。
いろんな意味で凄いです。
それをやれることと、その技術と、玉虫の美しさと。

念願の夢殿秘仏、救世観音も見れました。
思ったより禍々しさは感じなかったな。むしろ清らかな感じ。
そもそも、法隆寺自体が凄く清清しい雰囲気なんだよね。
「隠された十字架」のイメージが強いだけで、ほんとは良い所なんだよなぁ。

あ、あとここで朱印帳デビューしちゃいました。
今年こそ!と思っていたので、勇気を出して集印帳を買って書いてもらいましたよ。
ここのは「以和為貴(和を以って貴しと為す)」って文字でした。

続けて、隣の中宮寺へ。
柔和で美しい弥勒菩薩の半跏像と天寿国繍帳のレプリカを見てきました。
有名なアルカイックスマイル、麗しかったです。

その後大阪へ向かい、Nぁあちゃん&Zちゃんと合流。
中華を食べに行き、夜はふたりのおうちにお泊り。
そんな初日。

+++++++++

5月18日(日)

2日目は京都は嵐山へ。
車折神社の三船祭と野宮神社の嵯峨祭の日だったので、結構な人出でした。
ご飯を食べてからトロッコのチケットを買いに行ったら、一番近い時間のは立席しかなかったので、近くでお茶してから最終のに乗車。
出発するときに駅員さんが満面の笑みで手を振ってくれました。

竹林を抜けているときに、みんなが一斉に「竹林だ」「竹林」って言っていて笑えました。
誰かが言うと、こう波状的に広がっていくんだよね。その様が笑えるというか。
あと、川くだりの舟がよく見えました。
なんかみんな気持ちが一緒になるらしく、お互いに手を振りまくり(笑)
平和でいいなぁ。
気持ちがあったかくなるよね、こういうのって。
次は私も保津川下り、したいな。

あと途中の駅でお面をかぶったなぞの人が駆け乗ってきたんだけど、後で調べたら酒呑童子だったのね。
みんな「なまはげ・・・?」とか言ってたけど、どう見ても違うなと思ってたんだよね。
その酒呑童子が席を回りながらポーズをとったり、なんか解説したりして、笑いをとってました。

帰りはJRで嵯峨まで戻り、竹林を散策。
途中電車が止まってしまってなかなか出発しなかったんだけど、アナウンスで「線路に人か小動物が・・・」って言っていて、人と小動物じゃずいぶん大きさが違うよなと思ったり思わなかったり。
野宮神社をお参りして、すこし竹林を歩いて帰ってきました。

夜はおうちでラルクのDVDを見ながらのんびり。

+++++++++

5月19日(月)

最終日。
Nぁあちゃん&Zちゃんを見送ってお別れ。
最初大阪城に行こうかと思ったんだけど、交通安全のお守りをどこかで買いたかったので、またしても京都まで行っちゃいました。

散々悩んだ挙句、バスで下鴨神社へ。
自分の干支の社と本殿にお参りし、友達'Sの安産を祈願しました。
ここでも御朱印を頂いた後、糺の森をぶらぶら散策。
そこで写真を頼まれたおじさんに流鏑馬神事のお話を伺い、一緒に笹舟を流したりしました。
その後、途中の河合神社に参りつつ糺の森を抜けて、バスにて河原町へ戻り、バスを乗り換えて今度は清水寺へ。

ここもまた修学旅行生のメッカとなってました。
そうだよね、絶対来るもんね。
でも帰る前に舞台から京都の町を眺めたかったので、学生を避けつつがんばって昇ってきました。

本殿とかがすっかりきれいになってましたね。
何度も来てるけど、その度にどこかしら工事してたもの。
地主神社はかろうじてお参りしてきたけど、音羽の滝は行列でお参りできず、阿弥陀如来の御朱印だけ頂いて帰ってきました。

今回は結構観光できたので大満足。
大好きな所と、はじめて行った所、両方楽しめたのがよかったです。
まぁ多分東寺はまた行っちゃうだろうけどね。
何度行っても飽きないから。

そんな三日間でした。

(mixi日記の流用でスマソ!)
posted by ちはや at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。