2006年12月31日

仕事納め

バタバタしているうちに今年も終わりですね。
大掃除がなかなか終わりません(苦笑)

結局目標は達成できず、来年へ持ち越しです(苦笑)
プライベートを知っている同僚にはヘタレ大賞をいただいたので、来年は汚名を返上したい…です。
あくまで希望。
でもまぁ最近それなりに幸せなので、地道にいこうと思ってますけど。
なるよーにしかならないもんなぁ。

さて、28日は東京駅でやっている光のイベント、ライトピアを見てきました。
思ったよりこじんまりとしてたのですが、きれいでした。
そもそもビル街の夜景自体が好きだしね。
で、東京駅から有楽町駅まで歩いて、イタ飯食べて帰ってきました。

話題食事中のはもっぱら自我の話。
奥深いです。
いろいろと思うところがあるなぁ。
お正月にじっくり読んで、また語り合うつもり。

さ、今年も今日でおしまい。
来年は素敵な年にするゾ!
posted by ちはや at 01:25| Comment(0) | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月26日

天嘉伍

なにげに皆勤賞な天嘉、今年も行ってきました。
楽しかったぁ!

けんちゃんかわいかったなぁ〜。
empty roomで見事に音外してたけども(苦笑)
でも聴きたかったgimme A guiterが聴けたのでご満悦でした。

そして最後のセッション大会、イエモンのカバーで懐かしくなっていたら、たつろー@ムックが聞き覚えのある台詞を。

「お前らの顔、全部覚えて帰るからなー!」

!!

「かかってこい!」

LUNA SEAじゃん!

そうなのです、ドームのライヴ映像(LUNATIC TOKYO)と同じMCで、LUNA SEAの「WISH」をカバーしたのですよ。
しかもちゃんとライヴバージョンのエンディングでした。
それと最初のジャーンジャッで、「I WISH!」の声とともに銀テープが飛ぶのですが、音楽と人提供で飛ばしてました。
なんかもう細かく再現されていて、ちょっと胸がいっぱいになりました。
だって大好きだったんだもん。青春だったんだもん(照)

サポートで出演した真矢くんのドラムにもかなりグッとキたからなぁ。
もはや一昔前のことなんだけどね。
やっぱり好きなものは好き、なのよね。
posted by ちはや at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | MUSIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

利己と利他

ひそかにお勉強週間中。
ただ今「自我の起原」という本を読んでます。
ちょっとむつかしいです。
「利己的な遺伝子」とかってなつかしーな。
でも遺伝子にとっては利己的な行動も、個体には利他行動になるのか。むー。
ちょっと腰を据えて読み解いていきたいと思います。

あと最近文庫におちた「セックスボランティア」も読んでみました。
私は職業的に介助される人を見ることが多いのですが、言われてみればソウイウ人を恋愛や性的な対象として考えたことも意識したこともないんだなぁ。
そういう意識がいつのまにか培われていた自分自身や社会にちょっと驚きました。
どんな障害があったって、身体も心も同じなのにね。

セクシャリティの問題はむつかしいです。本来は秘されがちな部分だもの。
でも、それが自身の生・生きざまにつながるから、目をつぶってやり過ごしちゃうわけにはいかないんだよね。

ああー、こういうマニアックな話するとみんな引いちゃうかな(苦笑)
posted by ちはや at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月13日

魂の双子

私のことを「魂の双子のようだ」と言った男がいて、その人とこないだ呑みながら語りあったんですが、ほんと考え方が似ていて驚きました。

そもそも『愛』ってなに?『恋愛』って?という話だったのですが、心の問題から身体の問題まで発展して、最後はスゴい話になってました(苦笑)

あとその人は社会学を専攻していて、私も大学3年の時にかじったのですが、最初の入り方が違ったことが分かりました。
彼は「そうであってほしくない」という希望を捨て切れずに勉強しはじめたけれど、私は「そうなのかもしれない」という不安を確信に結び付けたかったが為に手を伸ばしたみたいです。
それが今の私を形づくってるのかな。

でも、彼と出会わなかったら社会学を学ぶこともなかったでしょう。
そういうイミではほんとーに、感謝!
本当はなにも知らないほうが幸せなのかもしれないけどね。
posted by ちはや at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

生まれてこのかた 負け戦

前々から気になっていた「やわらか戦車」のコーナーがLOFTに出来ていたので、見入っちゃいました。
かわいーのね。
テーマ曲がまたおもしろくて。

やわらか戦車の心はひとつ
生きのびたい 生きのびたい
胸にきざむは退却ダマシイ
生まれてこのかたあとずさり

常に戦わず退却しちゃうところがよいです。
posted by ちはや at 01:36| Comment(0) | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

Plutot la mort que la souillure

ねむい・・・。

先週の今頃は、ラニバ前でうきうきしてたんだよなぁ。
心が離れていたわけではないのだけれど、最近洋楽ばっかだったので、久々に生で聴いて「やっぱり大好き!」って思ったんですよね。
そういうのはもう、ブームとかいう問題じゃなくて、変わらず好きってことなんだよなぁ。

FAKE?の新譜もじわじわキてます。
聴き込んでいくと「あ、ここかっこいい」とか「このメロディいいな」とか、発見することが多いんですよね。
ノリ的には黒アルバムの方が好きだけど、白はまたひと味違っていて、これはこれで好きになってきました。
やっぱりFAKE?っていいな。

さてさて。
昨日やっとダリの回顧展見てきました。
平日だったけど結構人がいて、ちょっと遠巻きに見てきました。
やっぱり「世界教会会議」好きですね。今回の展示の中では一番大きい作品だったんじゃないかな?
有名な「記憶の固執の崩壊」も見てきました。これはかなり小さい絵でした。
このぐんにゃりとした感じは独特ですよね。
この類の絵は、フロイトに影響されたり、相対性理論や量子物理学なんかが取り入れられていたりもして、とても興味深いです。

流動的で不安定、不確定なもの。
時間の超越。
原子までもの分裂と、イメージの増幅(ダブル・イメージ)。
そして生と死の循環。

ぱっと見は「なんだこれ?」って思えるかもしれないけれど、感覚的に見ると色んなものが窺えて面白いです。
それが連鎖しているのも面白いし。
すごい刺激になるなぁと思いました。

夜はLと待ち合わせて神楽坂でご飯。
家庭的なこじんまりとしたお店で呑んできました。
なぜか「RELAX」(FRANKIE GOES TO HOLLYWOOD)の歌詞で盛り上がったり(笑)
英語って不思議ですよね。
すごい変なこと歌っているのに、曲がかっこいいから分からないんだもん。
これが日本語歌詞だったら放送できないだろうに。

まぁかっこいい曲ほど大したこと歌ってない場合がありますからね。
英語ってすごい(笑)と思ったのでした。
posted by ちはや at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | DIARY | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。